読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひま部応援ブログ

ひま部のヘビーユーザーがひま部の使い方や楽しみ方を紹介していくブログです。

ヒマな学生さんには学生限定コミュニティ『ひま部』がオススメ

ひま部って?

ひま部とは、「全国の生徒・学生が集まっている」、「趣味、嗜好で繋がれる」、「電話やグルチャ等で会話ができる」、そういうコミュニティアプリです。

全国の生徒・学生が集まっている:ひま部は、北海道や沖縄まで全国の中学生・高校生・大学生が集まっているアプリです。使ってみた感想としては、特に高校生が多い印象がありますね。タイムラインを見るとすごい熱気を感じます。

趣味・嗜好で繋がれる:サークルという機能があり、いろんなテーマによってグループが作成されています。アイドル、高校野球、おもしろトーク、恋愛、採点、本当にあった怖い話など、作られるテーマは沢山の種類があるようです。1つのグループに数千人が所属しているものもあって、かなり盛り上がっていますね。

電話やグルチャ等で会話ができる:使い方も人それぞれな印象を受けます。タイムラインでワイワイ話したり、グループ電話もできるんです。また、文字サイズや色を自由に変更できるので、従来のSNSアプリに比べて表現の幅がかなり広く感じられます。大きい文字は迫力が出て良いですよね。さらに、個別で非公開なチャットやグループチャットなども可能なんです。

友達が少なくて悩んでいる、新たな趣味がほしい、とにかくヒマすぎる人にオススメです。


基本操作は簡単

まず、ひま部には時系列で並ぶタイムラインがあり、それぞれの投稿に対して、返信、GIFリアクション、いいね、フォローができるようになっています。Twitterと使い方は似ているので、操作は簡単です。ちなみにひま部ではフォローすることを「推しメン」、フォロワーのことを「ファン」と呼んでいます。
自分から新しい投稿をするには画面上のペンマークをクリックするだけ。ポップアップが出現し、投稿が可能になります。NGワードをつぶやくとペナルティがあるので、他人を不快にさせる投稿は控えた方が良さそうです。
投稿をすると、たいてい30秒以内に何らかの反応がもらえます。投稿には写真や位置情報を載せることができたり、フォントカラーやフォントサイズを変更、さらにはグループ通話機能である「誰でも通話」機能が備わっています。フォントカラーを変更したり、フォントサイズを大きくしたり、その時の自分の心情に合わせて投稿で自分を表現可能です。また、写真機能には強制的に謎の黒人の男の子が映り込みます。すごく気持ち悪い一方、くせになりますね。
目玉機能である「誰でも通話」は9人までの複数人電話が可能であり、仲の良い友達同士で会話を楽しむことができます。電話画面で友達を招待することも可能なので、人数に合わせてドンドン友人を招待していきましょう!
それでは、主な機能の詳細について見ていきます。


タイムライン

f:id:serinakun:20161227112953p:plain


タイムラインには、「全校生徒」、「推しメン」、「ぼっち」、「誰通」、以上の四つの種類があります。

全校生徒:こちらは、部員(ユーザー)の投稿が全て並んでいる場所です。20時ごろになると、秒間数十の投稿がされているのがわかります。とても盛り上がっていて、明け方の4時頃ですら毎秒投稿があるので、良い意味で「ひま」な人が多いのがわかります。ユーザー同士の会話を見ることもできるので、気になった会話があったら横入りすることも可能ですよ。

推しメン:ひま部でいう推しメンは他のSNSでいうフォローと同義です。お気に入りのユーザーや友達を推しメンにして投稿を見逃さずにチェックできるようになっています。タイムラインやチャットで仲良くなった部員を推しメンにしておくと良さそうです。

ぼっち:ぼっちタイムラインには、誰からも反応されない寂しい投稿が並んでいます。逆に言えば話し相手がいない暇な人達の投稿が並んでいるので、自分が話し相手を見つけるには、ある意味わかりやすいかもしれませんね。

だれ通:だれ通は「誰でも通話」の略です。最大9人で電話が楽しめるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?満員の誰でも通話も見受けられるので、通話を楽しむユーザーはかなり多そうです。電話では悩み相談をしたり、カラオケをしたり、マシンガントークをしたり、電話ひとつで様々な遊び方が発掘できそうです。

 

チャット機能

チャット機能には、「1対1チャット機能」、「グループチャット機能」、「ランダムチャット機能」、以上の三つがあります。

1対1チャット機能:1対1チャットではその名の通り、1対1のプライベートな空間でチャットや電話などが可能です。GIFがスタンプのように送れるので、機能としてはほとんどLINEと同じです。送った写真や動画は2回見ると自動的に削除される仕組みになっていて、セキュリティが整っている印象が強いです。

グループチャット機能:グループでプライベートな空間でトークするにはグループチャット機能を使いましょう。50人まで友人を招待可能です。仲良くなった人たちだけを集めて、こっそり会話をして楽しみましょう。電話機能ではタイムラインと同様に最大9人まで通話が可能です。

ランダムチャット機能:通常チャット機能は、既に仲良くなった人同士が使う機能ですが、自分の時間に合わせて仲の良い友人に時間的余裕があるとは限りません。そんなとき、自分に近しいプロフィールを設定している他の部員とマッチングできる機能がランダムチャット機能です。コレが話のきっかけになって友達の輪が広がると良いですね。


以上、学生限定コミュニティアプリ『ひま部』の紹介でした。こういった限定SNSには同じ属性の人が多く集まっているので、誰でも気軽に話すことができます。気づいたら友達ができている、そんなアプリです。